勅使河原会とは?

勅使河原会は、2004年に勅使河原城一により創流された、いけばなの流派です。
仏花が起源であるいけばなは、主に床の間に飾るものとして発展してきました。
1927年に勅使河原蒼風は草月流を立ち上げ、当時の生活様式の変化に対応した、新しいいけばなを考案しました。
それが、テーブルにいけるいけばなです。また同時に、蒼風はいけばなを手習いから芸術の領域まで高めることで、いけばな界に革命を起こしました。現在、多くの方々によっていけられている現代的ないけばなは、勅使河原蒼風によって作られたものであるとも言うことが出来ます。

その時から約90年という時を経て、更に人々の生活様式は劇的に変化してきました。
しかし、いけばなはどうでしょうか?
あまりにも約90年前のいけばな革命が鮮烈であったため、何も変わっていません。
しかし、その表現の方法や機能は、伝統を重んじながらも、時代やライフスタイルに合わせて変わっていくべきなのです。

現代に生きる私たちにとって、いけばなに求められるのは、自他共に向けたおもてなしの機能です。
花をいける人に対するおもてなしとは、多くの情報が飛び交う現代に於いて、心の寂静を得る為の手段としての機能。
また、伝統を踏まえた上で、今の日本文化の素晴らしさ、いけばなの素晴らしさを世界の人々に知って頂くような、おもてなしの芸術としての機能。
自他共に向けたおもてなしの心をもつ花、それが勅使河原会のいけばなです。


What is the Teshigahara School?

The Teshigahara School is a ikebana school founded in 2004 by Joichi Teshigahara.
Ikebana, which originated from Buddhist flowers, has developed mainly as a decoration at Tokonoma.
In 1927, Sofu Teshigahara launched the Sogetsu current and devised a new ikebana that responded to the changes in the way of life at that time.
That is Ikebana on the table. At the same time, Sofu revolutionized the ikebana world by increasing ikebana from learning to the field of art. It can be said that the modern ikebana, which is now played by many people, was made by the Teshigawara Sofu.

About 90 years have passed since then, and people's lifestyles have changed dramatically.
But what about ikebana?
Nothing has changed since the ikebana revolution was so vivid that it was so much more than 90 years ago.
However, the way and functions of this expression should change according to the times and lifestyles, while respecting tradition.

For those of us who live in the present age, ikebana is required to have a function of hospitality for both ourselves and others.
Hospitality to people who arrange Ikebana is a function as a means to obtain the silence of the heart in the present age where a lot of information flies.
In addition, based on tradition, it functions as an art of hospitality that people around the world can learn about the wonders of Japanese culture today and the wonders of Ikebana.
This is the ikebana of the Teshigahara School, a flower with a heart of hospitality for both oneself and others.
勅使河原会のいけばな(Works of Teshigahara School)
いけばなフォント「Z」
いけばなフォント「P」
いけばなフォント「B」
いけばなフォント「C」
いけばなフォント「U」
いけばなフォント「S」
勅使河原会のいけばな
勅使河原会のいけばな
勅使河原会のいけばな
勅使河原会のいけばな
勅使河原会のいけばな
勅使河原会のいけばな
なげいれ 作例1
なげいれ 作例2
なげいれ 作例3
なげいれ 作例4
1種いけ 作例1
なげいれ 作例5
投げ入れ 作例6
1種いけ 作例2
羽田空港国際線ターミナルオープニング装花
AEON TÂN PHÚ CELADON OPENING
勅使河原会佐賀支部花展@佐賀城
AUXCA SALOON 装花
在コロンビア日本大使館デモンストレーション
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
25ans連載「一華一葉」
勅使河原会本部
東京都港区南麻布4-5-48 4F

支部一覧
北九州支部
佐賀支部
 鹿児島支部 
お問い合わせ
Submit
お問い合わせ頂き誠にありがとうございます。担当の者より返信させて頂きますので、暫くお待ちください。勅使河原会事務局

You may also like

Back to Top